X-H1・手振れ補正テスト 2020.1.2

今日はX-H1を持ち出して夜の街へ出かけます。 レンズはXF16-55mm F2.8。 重いので出番が少ないレンズですが、手振れ補正が付くとなると価値が上がりますね!。 今回は手振れ補正のテストなので、焦点距離、撮影データを記載しておきます。 全て手持ち撮影です。 あと、マウントアダプターを介しても試したいので、MFの50mmも連れ出す事にしました。 ボディ内手振れ補正はペンタックスKP以来ですが、重量も似たような物で、ミラーレスのメリットはあまりありません。 久しぶりに一眼レフを手にした感じですね。 いざ出陣!。 重っ(^^;)。 大柄のカメラを首にかけて、危ないオジサン感満載で街を歩きます。 s-20200102 (1).jpgFUJIFILM X-H1 + 48.5mm f4 1/8sec. ISO200> まず感心するのが、シャッター衝撃吸収構造。 今までに使ったフォーカルプレーンシャッターのカメラで1番静かですd(^_^o)。 これは驚くほどで、富士フイルムさん凄いやん!。と心で叫びました(笑)。 かなり暗い路地ですが、望遠側でもブレずに撮影出来ました。 s-20200102 (2).jpgFUJIFILM X-H1 + 55mm f2.8 1/9sec. ISO400> 明るく撮れていますが、暗いところでした。 s-20200102 (3).jpgFUJIFILM X-H1 + Carl Zeiss Planar T* 50mm F1.4 f不明 0.3sec. ISO200> 歩道橋の手すりに肘を置いて手持ちで挑戦します。 1/2秒行けました!。 s-20200102 (4).jpgFUJIFILM X-H1 + 17.6mm f7.1 0.5sec. ISO400> 1秒行けました!。 s-20200102 (5).jpgFUJIFILM X-H1 + 16mm f11 1sec. ISO400> ちなみに2秒は僕の腕では無理でした(^ー^;)。 中央公園のイルミネーション。 s-20200102 (7).jpgFUJIFILM X-H1 + 16mm f2.8 1/26sec. ISO400> お店スナップ。 s-20200102 (8).jpgFUJIFILM X-H1 + Carl Zeiss Planar T* 50mm F1.4 f不明 1/100sec. ISO400> 可愛い雪ダルマ。 s-20200102 (9).jpgFUJIFILM X-H1 + Carl Zeiss Planar T* 50mm F1.4 f1.4 1/15sec. ISO200> 今回はボディ内手振れ補正での撮影でしたが、富士フイルムにはレンズ内手振れ補正のラインナップも多いです。 手振れ補正レンズを使っても、おそらく同じような結果になるかと思います。 このような夜の撮影は、個人的にはX-T20にコンパクトな三脚って組み合わせの方が好きかな。