コードレスイヤホン・NUARL N6 2021.8.31

コードレスイヤホンはバイクに乗る時、スマホのナビ案内を聞く為に買った安物を持っています。

 

ダイレックスで800円くらいでした。

 

これなら落としても惜しくないですよね。

 

 

で、普段音楽を聴く時には前にも紹介したサトレックスのTubomiって有線の物を使っています。

 

音質的にはやっぱり有線の方が有利だろうとの認識があるからです。

 

しかしながら、iPhoneは充電しながらイヤホンを使うには二股のアダプターが必要となります。

 

これが意外に面倒で、コードも絡んだりでウォーキングの時とかにイライラ。

 

って事でBluetoothの音質を確かめるべく、コードレスイヤホンを購入しました。

 

 

通常なら東京のイヤホン専門店で聴き比べして買うのですが、コロナ禍ですので皆さんの口コミを見て選びます。

 

まずはバランスが良く、高音がシャリシャリしない音が希望。

 

そしてコスパを重視して買ったのがNUARL N6。

 

f:id:KOTARO-PARADISE:20210901103605j:plain

ケースがイヤホンの充電器を兼ねています

 

オシャレで高級感があるではないですか!。

 

f:id:KOTARO-PARADISE:20210901103817j:plain

厚みがあるのでバイクの時には無理っぽいです

 

早速聴き比べてみましょう。

 

サトレックスは輪郭がハッキリして、モニタースピーカーのような音質です。

低音は多めに出ますが、それほどブーミーにならず、バランスの良い素晴らしいイヤホンです。

 

 

さてNUARL N6を聴いてみます。

 

サトレックスがスタジオ録音なら、こちらは少し広いライブハウスの録音って感じ。

臨場感はNUARLに軍配が上がります。

 

サトレックスより低音は強めに出ますが、全体的なバランスは似ています。

希望としてはもう少し低音を抑えて欲しいかな。

 

甲乙は付けられず、この音が無線で聴ける事にビックリです。

 

しかも音源はiPhone

 

オーディオ業界もカメラ業界もスマートフォンに食われている訳です。

 

 

結論!。

Bluetoothだから音質的に不利とは言えないレベルになっている。

 

常識やセオリーは時代と共に変わると言う事なので、頭は柔軟に。

 

時代に取り残されないように、日々アップデートですね!。